水分(写真館はこちら

明治期の製作。石川郡北新堂大工町より購入とある。大工はもちろん新堂大工組。彫師は彫又三代目(西岡弥三郎)だといわれている。大工町の地車だっただけあって、他を圧倒するようなまとまりを感じる。また、全てに立体的な細工をしてある飾り金物にも目を見はるものがある。数ある南河内の石川型地車の中で、このような飾り金物を施してあるのは、この水分地車と河南町壱須賀地車だけである。

大屋根  飾目 (前) 獅噛み   (後) 獅噛み
      拝懸魚 (前) 雲に青龍
           (後) 朱雀
      隣懸魚 (前) 松に鷲
           (後) 波(水)に玄武  
      車板  (前) 牛若丸鞍馬山修業の場
           (後) 麒麟
      屋根虹梁  (前) 雲に拝龍(阿云)   (後)???(調査中)
      枡合  (三方) 青龍
      虹梁  (上段)  源三位頼政鵺退治、源頼光大江山酒呑童子退治、為朝大鷲退治、平井保昌土蜘蛛退治
           (中段)  雲に青龍と天女
           (下段)  牡丹に唐獅子

 

小屋根  獅噛み
      拝懸魚  鷲の猿つかみ
      隣懸魚  松に鷲
      車板  加藤清正虎退治
      屋根虹梁  雲に拝龍(阿吽)
      柄振板    雲に飛龍
      枡合   麒麟
      虹梁   (上段)  那須与一扇の的を射る、大胡小橋太柄六郎を討つ、右は???(調査中)
            (中段)  雲に青龍
            (下段)  牡丹に唐獅子
勾欄   牡丹に唐獅子
縁葛   金物  唐子二十四考
棟飾り  牡丹に唐獅子
組物  三手先
拳鼻  上:獅子  下:龍
台輪  牡丹
木鼻  上:獏  下:獅子
尾垂木  全てあり
桁  牡丹






inserted by FC2 system