彼方(写真館はこちら

明治23年喜志大深新調の地車。大工は新堂村大工組。彫師は九代目小松源助(岡村平次郎)、赤銅芳松、彫又(西岡又兵衛)。大深から羽曳野の西浦新町に渡り、大正7〜8年に彼方が五百円で購入。これだけズバ抜けた名地車を製作した経緯は今となっては明らかにはならないかもしれないが、南河内一の石川型地車であることは間違いないと思う。この地車を大深では僅か数年しか曳いておらず、すぐに西浦新町へ売却されたらしい。これはあくまで俗世の噂話であるが、この地車の製作に情熱とお金を注ぎ込みすぎた大深、村の運営に支障をきたす結果となって売却を余儀なくされたとかそうでないとか。色々な噂が飛び交ってます。

大屋根  飾目  (前) 獅子噛み  (後)獅噛み
      拝懸魚 (前) 朱雀
           (後) 鷲
      隣権魚 (前) 雲・麒麟
           (後) 松・猿
      車板  (前) 天の岩戸(天照大神出賜う)  
           (後)加藤清正虎退治  
      屋根虹梁  (前後) 拝龍
      枡合 (三方) 飛龍
      虹梁  (上段) 須佐鳴尊八頭の大蛇退治、源平盛衰記
           (中段) 龍宮城珠取り(仙女、海幸彦、山幸彦)
           (下段) 太平記  正面:大楠公笠置参陣、千早赤坂籠城戦、児島高徳御宿の桜木に詩を書き志を表す
           (下々段) 牡丹に唐獅子   

 大屋根 虹梁

小屋根  飾目  獅子噛
      拝懸魚  雲・飛龍   
      隣懸魚  烏天狗
      車板  牛若丸鞍馬山修業の場
      屋根虹梁  拝龍
      絵振板  松に鷲
      枡合 (三方) 雲に飛龍
      虹梁  (上段) 敦盛呼び戻す熊谷次郎直実、源平盛衰記
           (中段) 龍宮城珠取り(龍王、海幸彦、山幸彦)
           (下段) 阿保肥前守直実、秋山四条川原の合戦
勾欄   (正面) 富士の巻狩り風景  頼朝本陣、射手勢子の狩り場風景
       (後) 狸の大金玉
棟飾り  牡丹に唐獅子
組物  三手先
拳鼻  上:獅子  下:龍
台輪  牡丹
木鼻  上:獏  下:獅子
尾垂木  彫り無し、親子唐獅子

  平成二年  岸和田市 吉為工務店修復


inserted by FC2 system