錦織 (写真館はこちら

製作は明治期で間違いないと思うが、錦織は他とはまた違う石川型地車であると言えよう。というのも、前後正面の組物が二箇所ずつしかない。また、破風の形状が独特(勾配が緩く高い部分が広い)である。一説には、彼方に対向するべく地元の大工が製作したとも囁かれるが定かではない。恐らく先代の彼方地車ではないか?という見方もある。錦織は地車を2台保有していたという説もある。

  大屋根 獅子噛み

   

大屋根  飾目  (前) 獅子噛み   (後) 獅噛み
      拝懸魚 (前) 朱雀
           (後) 牡丹に親子唐獅子  
      車板  (前) 天の岩戸(天照大神出賜う)
           (後) 雲海
      屋根虹梁 (前後) 拝龍 
      枡合 (三方) 富士の巻狩り風景(頼朝本陣)
      虹梁  (上段) 富士の巻狩り
           (中段) 富士の巻狩り
           (下段) 牡丹に唐獅子
小屋根  飾目 獅噛み
      拝懸魚  鷲の猿掴み
      車板   牛若丸鞍馬山修行の場
      屋根虹梁 牛若丸、弁慶五条大橋の出会い
      絵振板  竹に虎
      枡合  (三方) 唐子二十四考
      虹梁  (上段) 唐子二十四考
           (下段) 牡丹に唐獅子
勾欄   (前) 浜千鳥、鷲に松竹梅
      (後) 牡丹に唐獅子  
  




  

inserted by FC2 system