壱須賀(写真館はこちら

明治期の地車である。当初、壱須賀村では2台の地車を所有する予定だったらしい。村の中で2つに分かれていたのかもしれない。目を見張る素晴らしい金物などから、壱須賀地車は石川型地車の中では非常に良い地車だと思う。飾目に青龍を起用しているところなど、富田林廿山地車との共通点が多く存在する。

大屋根  飾目   (前) 青龍(阿)
           (後) 龍尾 
      拝懸魚 (前) 珠取海人
           (後) 朱雀
      車板  (前) 富士の巻狩り(頼朝本陣)
           (後) 九尾に狐
      屋根虹梁  (前)拝龍
              (後)板虹梁
      枡合  (正面) 敦盛呼び戻す熊谷次郎直実
            (左) 義経八艘飛び追う平教経  碇知盛(平知盛の最期) 
      虹梁  (上段) 菊
           (中段) 雲・青龍
           (下段) 唐子二十四孝

小屋根  飾目  青龍(吽)
      拝懸魚  中国列仙伝 費張房
      車板  牛若丸鞍馬山修行の場
      屋根虹梁  拝龍
      柄振板  梅に鴬
      枡合  (正面) 張飛、関羽
            (右) 劉備玄徳壇渓を跳ぶ
            (左) 孔明泣いて馬謖を斬る
      虹梁  (上段) 菊
           (中段) 雲に青龍
           (下段) 唐子二十四孝

棟飾り  青龍の胴
勾欄  牡丹に夫婦唐獅子
縁葛(金物)  富士の巻狩り
組物  三手先
拳鼻  牡丹・獅子
台輪  牡丹
木鼻  牡丹・獅子
尾垂木  牡丹

 昭和五十九年宮入り風景



inserted by FC2 system